寒地土木研究所 ロゴ
独立行政法人 土木研究所寒地基礎技術研究グループ
サイト内検索
寒地構造チーム:Structures Research Team English
CONTENTS
寒地構造チームについて
チーム方針
組織概要
活動内容
研究内容と成果
道路構造物について
橋梁
落石防護施設
トンネル
広報
チームパンフレット
おしらせ
複合構造函渠
実験施設
関連リンク集
お問合せ
土木研究所HPへ
寒地土木研究所HPへ
シーザーHPへ
 
広報 > 複合構造函渠工設計施工要領(案)

お知らせ

   要領公開のお知らせ
Jun 22, 2017 10:00 AM JST
複合構造函渠工設計施工要領(案)の改訂について

複合構造横断函渠工とは、RC構造の底版および側壁と鋼・コンクリート合成構造の頂版よりなる土被りのないボックスカルバートであり、 高規格幹線道路等において盛り土高さを低く抑えることで路線全体のコストが削減される場合に適用されている。その設計施工については、 「複合構造函渠工設計施工要領(案)平成16年3月(北海道開発局建設部道路建設課・独立行政法人北海道開発土木研究所)」、その後、 「複合構造函渠工設計施工要領(案)平成19年3月(北海道開発局建設部道路建設課・独立行政法人土木研究所寒地土木研究所)」に基づいて行われてきた。これまでに数多くの複合構造函渠工が北海道開発局の現場において採用されてきたが、一部の函渠工において頂版内部への水の浸入が確認されている。このことから、函渠工本体および舗装構造の健全性確保の観点から、頂版内部への水の浸入を極力排除するために頂版の防水構造等の構造細目の充実を図り設計施工要領の改訂を行ったものである。

こちらより、要領のダウンロードができます。



>>
Copyright © 2000 Structres Division, 2006 Structures Research Team. All rights reserved.